スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カンナ 飛鳥の光臨」

高田 崇史 著。

伊賀忍者の末裔である鴨志田甲斐は出賀茂神社の跡取りとして気楽に暮らしていた。
だが日本史の根本を揺るがしかねない社伝が盗まれ兄と慕っていた人物も失踪し。。
さらに殺人事件も発生し。
現役東大生観巫女の貴湖とともに事件の真相を追う。

「聖徳太子は実在の人物か?」
十人の声を一度に聞き分けたりと色々と謎の多い聖徳太子。
最近では肖像画とされてきたのも「聖徳太子ではないんじゃないか?」といわれてきている。
この謎をこの本はいろんな歴史資料をもとにとある仮説をうちたてているのだ。
。。。。おもしろかったー!!
大好きな「QED」シリーズがおわってショボンヌだったんだけどこのシリーズがでててすんごくうれしい♪
ただ歴史上の特に古代の人物の名前はすごく読みにくいのでなかなか先に勧めないのが難点だな。
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

うー123

Author:うー123
うさぎと飼い主の放置プレイな毎日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。